決済代行とはそもそもどんなことでしょうか

決済代行とはどのようなものかご存知でしょうか。

インターネットなどで物を購入したりするとクレジットカード決済、コンビニ決済、スマートフォンキャリア決済、代引など支払い方法を選択し支払いをします。

こういったいろいろな決済を業者側が決済代行会社と契約し、システムとして導入するサービスです。

収納したり集金するという意味から収納代行や集金代行と言ったりもします。

ネットでの購入者はクレジットカードの情報などをパソコンやスマートフォンから入力することでサイトの利用の申し込みをすることができ、利用料はカード会社から請求されカード会社を経由して支払うようになっています。

逆に業者側は決済代行業者から使用料をクレジットカードで決済してもらい、業者側にしてみれば確実に使用料が回収できるようになっています。

購入者側からしてみればたくさんの支払い方法の中から支払い方法を選ぶことができるので決済代行業者、業者、購入者全てにおいてメリットのあるものとなっているようです。

カード会社にもたくさんの種類が有り、その会社ごとに内容も様々です。

業者が決済代行会社を間に入れずに単独でカード会社と契約をするとなると会社ごとに入金の日にちが違ったり手数料の割合も違うなど事務的にとても面倒くさくなり手間もかかってしまいます。

また、カード会社ごとに審査基準が違うので単独で契約をすると審査に引っかかってしまい、審査を通過することができない場合もあります。

業者にとってそのような不便さを避けるために、間にいて利便性をはかってくれるのが決済代行会社になります。

ある代行会社は最短で2日で導入することができることをアピールし、またプランによっては端末代がただの導入をすることもできるそうです。

詳しくはこちらをごらんください。

決済代行の導入方法をチェック

幅広い業種に対応しているため、経験も豊富で国内のどんなカードにも対応していて安心して任せられそうです。

代行決済サービスを検討している人はネットで色々と調べて自分にあった代行会社を選ぶようにしましょう。